「なんでこんなに美味しいの?」 海外で高まる日本産ウィスキー人気

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1378031781/
「「なんでこんなに美味しいの?」 海外で高まる日本産ウィスキー人気」より

image_R

1: ジャストフェイスロック(WiMAX) 2013/09/01(日) 19:36:21.18 ID:IsnyLaBA0 BE:95177546-PLT(12000) ポイント特典
「メイク・イット・サントリー・タイム」
2003年公開の映画「ロスト・イン・トランスレーション」において、ビル・マーレイ扮するハリウッド・スターがサントリーウィスキーのテレビCMに出演するシーンで、ウィスキー片手にこの台詞を連呼するシーンを覚えていますでしょうか。

 この映画が火付け役となったか否かは定かではありませんが、近年、海外で日本製ウィスキーの人気が高まっています。
【世界で権威のある賞を受賞】
 販売用の生産が開始されたのは1924年と海外に比べ比較的歴史が浅く、一時は粗悪品の影響で海外の批評家から「ウィスキーではない」と酷評された日本産ウィスキー。
しかしその後の絶え間ない品質向上の努力の結果、徐々に評価を回復。近年では、海外での賞を受賞するようになり、2012年には、世界で最も権威のあるポットスティルのワールド・ウィスキー・アワードで、サントリーの山崎25年が世界最高のシングル・モルト・ウィスキーに、ニッカの竹鶴が世界最高のブレンデッド・モルト・ウィスキーに選ばれるなど、ウィスキーの本場、スコットランド産を凌ぐ高い評価を受けています。
そんななか、このたび複数のアメリカメディアが日本製ウィスキーの人気について報じています。

http://news.livedoor.com/article/detail/8023864/


続きを読む