【欅坂46】初の全国ツアー完走!1万8000人が熱狂!鳴りやまぬアンコール!平手友梨奈が鬼気迫るパフォーマンス!!!

1: 2017/08/31(木) 13:16:45.88 _USER9
人気アイドルグループ・欅坂46が30日、千葉・幕張メッセ国際展示場(4~6ホール)で初の全国アリーナツアー『真っ白なものは汚したくなる』の最終公演を行い、1万8000人を熱狂させた。
前日の29日公演からは、体調不良で休養していた今泉佑唯が4月6日のデビュー1周年記念ライブ以来4ヶ月ぶりにステージ復帰し、けやき坂46を含めたメンバー32人全員でフィナーレを迎えた。

7月にリリースした1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』を携え、8月2日から初の全国ツアー(6ヶ所全11公演)をスタートさせた欅坂46。
アルバムの世界観を凝縮したライブのオープニングではペンライトの使用が制限されるなか、「エキセントリック」で幕開け。
メッセージ性の強い歌詞が紗幕に映しだされ、観客を楽曲に引きずり込む。
2曲目で紗幕が落とされると、客席のペンライトが一斉に光り、「月曜日の朝、スカートを切られた」「君をもう探さない」「語るなら未来を…」で一気にたたみかけた。

MCに続いて、けやき坂46(ひらがなけやき)が登場。
欅坂46(漢字欅)に先駆けて全国ツアーを展開し、前日の29日公演では初主演ドラマが発表されたけやき坂46が「永遠の白線」で沸かせると、続く長濱ねるのソロ曲「100年待てば」では、気球で会場内を回る演出でファンを喜ばせた。

ユニット曲パートの最後でキャプテンの菅井友香と副キャプテンの守屋茜がステージに残り、「次の曲は私たちも、皆さんも、ずっと待っていた曲です」と紹介。
今回のツアーでは復帰しないのでは?との声も上がっていた今泉佑唯が29日公演からステージ復帰し、ソロ曲「夏の花は向日葵だけじゃない」のイントロが流れると割れんばかりの大歓声が起こり、ファンはペンライトで会場をひまわり色に染め上げた。

後半は「誰よりも高く跳べ!」「世界には愛しかない」「危なっかしい計画」とアッパーチューンが続き、本編の最後は全メンバーで歌う「太陽は見上げる人を選ばない」を披露した。

アンコールで「サイレントマジョリティー」のイントロが流れると、会場は緑一色に。
メンバーのシルエットが映し出されると、センターの平手友梨奈の隣には今泉の姿もあり、久しぶりに全員そろったデビュー曲が披露された。
MCで改めて今泉の復帰をメンバーで祝うと「二人セゾン」をパフォーマンス。
けやき坂46のメンバーも合流し、「W-KEYAKIZAKAの詩」で締めくくられた。

それでも鳴りやまぬアンコールに、このツアーで初のダブルアンコールに突入。
これまでどの公演でも披露されなかった平手のソロ曲「自分の棺」の鬼気迫るパフォーマンスと強烈な歌詞がリンクし、衝撃を与えた。
他のメンバーも登場し、互いを攻撃し合う演出から「不協和音」へとつなげ、壮絶なパフォーマンスで初のツアーの幕を下ろした。

けやき坂46にはこのツアー後、新メンバー9人が合流し、欅坂46は総勢41人のグループとなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000372-oric-ent

欅坂46全国ツアー『真っ白なものは汚したくなる』ファイナル公演
no title

no title

no title

no title

no title

no title

欅坂46 平手友梨奈
no title

no title


続きを読む

続きを見る

A feed could not be found at http://liveidol.info/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.