FIFA会長選不発の鄭夢準「裁判所の棄却はFIFAの工作のせい」「チューリッヒの判事と検事はW杯決勝のチケットを提供されていた」

“FIFA大統領選挙挑戦霧散”チョン・モンジュン、「最後の勝利まで努力する」
OSEN

※一部要約

FIFAは21日、「スイス裁判所がFIFA倫理委員会の6年資格停止懲戒を一時的に中断して欲しいというチョン・モンジュン名誉会長の要請を受け入れなかった」と発表した。

チョン・モンジュン名誉会長は8日、FIFA倫理委員会から調査非協力や倫理的態度などの曖昧な理由により、6年の資格停止を受けた。
来年2月26日に実施されるFIFA次期会長選挙に出る予定だったチョン・モンジュン名誉会長の立候補は事実上難しくなった。

これに対してチョン・モンジュン名誉会長は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴を計画すると同時に、スイス裁判所にFIFA倫理委員会が下した懲戒の中断を要請した。

スイス裁判所はFIFA倫理委員会が懲戒を下したのは手続き上問題がないと判断し、個人の権利を侵害してないとしてチョン名誉会長の要請を棄却した。
従って、チョン会長の挑戦は事実上失敗に終わった。

だがチョン・モンジュン会長は諦めてなかった。
FIFA改革のために最後まで努力するという強い意志を示した。