【サッカー】<元C大阪フォルラン>アーセナルの“マンネリ化”を一刀両断!「ベンゲル(監督)はチームを去るべき」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/06(月) 21:56:22.82 ID:CAP_USER9.net
■自身が対戦したかつてのアーセナルを「勝利する機械」と絶賛したフォルランだが…
 
アーセナルは現地時間4日のプレミアリーグ第24節、首位チェルシーとの一戦に1-3で敗れ、その差が12まで開いたうえ、3位から4位に後退してしまった。

今季もリーグ優勝に暗雲が立ち込める、かつてマンチェスター・ユナイテッドやセレッソ大阪などに所属した元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、
UAE紙「ザ・ナショナル」で「ベンゲルはチームを去るべき」と毒舌批評をしている。

首位チェルシー追撃のためには、敵地とはいえ勝ち点3奪取が不可欠だったガナーズ(アーセナルの愛称)だが、
ベルギー代表MFエデン・アザールの華麗なドリブルシュートから被弾するなど3失点。

後半アディショナルタイムにフランス代表FWオリビエ・ジルーの一撃も一矢報いるも焼け石に水で完敗を喫した。
2003-04シーズン以来のリーグ制覇は、またしても遠のいている。

フォルランはこの状況を「私はアーセナルファンのフラストレーションを理解している。2004年以来リーグタイトルを獲れていないのは、その規模にそぐわない」と一刀両断。
その一方で、自身がユナイテッド所属に加え、スペインのアトレチコ・マドリードやビジャレアル所属時代にもUEFAチャンピオンズリーグや親善試合を通してアーセナルと対戦。

そうした体験を踏まえて、元フランス代表FWティエリ・アンリ、同MFパトリック・ヴィエラ、同MFロベール・ピレスらを擁して最強と謳われたアーセナルについて、
「勝利する機械だった」と、その完成度の高さを機械に例えて絶賛している。

タイトルにあと一歩届かない最大の原因について「ベンゲルがクラブを前進させるのにふさわしいのか否かというと、
アーセナルファンは頭を傾げるだろう」と、かつて“無敵のチーム”を作り上げた指揮官にあるとした。とはいえ、その本質は采配面などの能力ではないとして、次のように明かしている。

■「長寿ぶりは素晴らしい。しかし…」

「彼は素晴らしい監督で、アーセナルでの“長寿ぶり”は素晴らしい。しかし、何かしらのものがそこで機能していないのだ。
ベンゲルが辞めるまで、彼らはタイトルを争えるクラブでいられないだろう。指揮官が変わらなければ、クラブのメンタリティに変化が起こらないだろう」

フォルランが指摘したのは、クラブの“マンネリ化”だった。ベンゲルがアーセナルの指揮官となってから、20年以上の月日を経た。
「新しい監督や選手、ダイナミックで新鮮なアイデアがアーセナルにとっては合うかもしれない。それとも、クラブは今持っているものにこだわるのだろうか?」

フォルランは最後まで辛口批評を繰り返した。苦境に立たされているベンゲル率いるアーセナルだが、ここから発奮して猛追できるだろうか。

Football ZONE web 2/6(月) 21:30配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170206-00010021-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486385782

続きを読む