【レスター】バッサリ!シェイクスピア監督を電撃解任! 岡崎慎司に影響は?

Egg ★ 2017/10/18(水) 05:33:56.41


岡崎慎司が所属するレスターは現地時間10月17日、指揮官のクレイグ・シェイクスピアを解任したことを公式サイトで発表した。
 
 シェイクスピアは2011年からレスターのアシスタントコーチとしてチームに従事。そして、今年2月に前任者のクラウディオ・ラニエリが成績不振を理由に解任されると、暫定監督となる。一時は降格圏目前の17位にまで沈んでいたチームを見事に立て直して昨シーズンを12位でフィニッシュさせた。
 
 開幕前に2020年6月までの契約を締結させて正式監督となって迎えた今シーズンは、プレミアリーグでは第8節終了時点で1勝3分け4敗で降格圏の18位と低迷。ここ6戦未勝利と泥沼にはまったチームを救い出す策を見出せず、解任の憂き目に遭う形となった。
 
 レスターの副会長を務めるアイヤワット・スリヴァッダナプラバは公式サイトで、「クラブに対する彼の献身性は絶対的なものだった。レスターがクラブ史上で最も成功を収めた時期のクレイグの貢献度は相当なものだ」とシェイクスピアを称賛しつつも、解任理由を明かしている。
 
「クレイグと交わした約束はここ数か月間で表れていなかった。だから変化をすることがクラブを前進させるために必要だと感じたんだ。この考えは我々の支持者やオーナーなどとも一致している」
 
 シェイクスピアは監督就任時から岡崎へ常に高い評価を下していた指揮官でもある。ラニエリ政権下でベンチを温める日々を過ごしていた日本代表FWの献身的なプレーへ抜群の信頼をおき、先発として多くの試合に起用していた。
 
 そんなイングランド人指揮官は岡崎を「ボールを持っていない時にとても勤勉」と評せば、またある時は「常日頃から高い集中力でトレーニングに臨み、完璧な準備をしている。それがシンジという男なんだ。シンジを、誇りに思う」と、名指しで褒めちぎってもいた。そんな指揮官の解任は岡崎の今後に大きな影響を及ぼしそうだ。

 なお、レスターはアシスタントコーチのマイケル・アップルトンが、当面の間、暫定監督として指揮を執ることを発表している。

10/18(水) 5:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00031239-sdigestw-socc




続きを読む