【動画】マンU・イブラヒモビッチ、約7カ月ぶりに復帰!タッチ集 ニューカッスル戦

江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/19(日) 18:01:02.52


イブラ 約7カ月ぶりに復帰 得点には絡めずも“名言”も
2017年11月19日 17:08
http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/11/19/kiji/20171119s00002021284000c.html
http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/11/19/jpeg/20171119s00002021283000p_view.jpg
マルシャル(左)と交代するイブラヒモビッチ(AP) Photo By AP

 【プレミアリーグ第12節 ユナイテッド4―1ニューカッスル ( 2017年11月18日 )】
今年4月に右膝じん帯損傷の重傷を負って長期離脱していたマンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が、約7カ月ぶりに復帰を果たした。

18日、ホームのニューカッスル戦に負傷後初めてベンチ入りし、4―1の後半32分に地元ファンの大歓声を受けながらピッチへ入った。1トップに入ると、44分には右サイドへまわったベルギー代表FWのR・ルカクへパスを展開。
その1分後には右クロスから、負傷していた右足で派手なジャンピングボレーを放ち、スタンドを沸かせた。

 得点には絡めなかったが、試合後は“イブラ節”も復活した。「特別な気持ちだ。(プレーの)クオリティーは変わっていない。オレはやれると分かっていたから、心配はなかった」と自画自賛。
記者から膝のじん帯負傷で引退の恐れはなかったか問われると「ライオンは、人間のように回復しない」と新たな“名言”を残した。

 イブラヒモビッチは、パリ・サンジェルマン(フランス)から加入した昨季、公式戦46試合に出場してチーム最多の28ゴール(リーグ28試合17ゴール)と活躍したが、4月に右膝じん帯を損傷。
地元メディアでは全治8カ月と報じられ、6月で一度、契約が満了した。
7月以降はフリーの立場でクラブの練習施設でリハビリを行い、8月に1年契約。背番号は昨季まで元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32=エバートン)が付けていた「10」となった。

 8月時点でモウリーニョ監督は「シーズン後半に間違いなく重要な存在になってくれる」と来年1月以降に本格復帰する見通しを示していたが、それを大きく上回る早さで復活。
母国スウェーデン代表は来年のW杯ロシア大会出場を果たしており、イブラヒモビッチが代表復帰する可能性が報じられている。



続きを読む