【アメフト】内田正人監督「反則行為指示してない。頑張れと言いその受け止め方があのプレーに繋がってしまったのかな」日大調査に

1 名前:スタス ★:2018/05/16(水) 18:20:02.61 ID:CAP_USER9.net
 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦(6日、東京)で日大の守備選手が相手選手に過度な反則行為となるタックルを浴びせて負傷させた問題で、日大の内田正人監督が学内の聞き取り調査に、「反則行為を指示したことはない」と話していることが分かった。日大広報部が16日明らかにした。

 日大は試合後、事実関係を把握するため、学内調査を実施。内田監督は聞き取り調査に「反則行為を指示したことはない」と答え、「(守備選手に)頑張れと言い、その受け止め方が、あのプレーにつながってしまったのかな」と話したという。また、守備選手も「監督から指示されたことはない」と答えたという。広報部によると、調査は引き続き続けていく。

 反則行為について、関学大は10日付で日大に見解を求める文書を送付し、15日に回答を受け取った。17日の会見で明らかにする予定で、その回答内容も学内調査に沿ったものになる可能性がある。

 6日の試合では、日大の守備選手が、関学大攻撃の1プレー目、パスを投げ終えた関学大のクオーターバック(QB)に背後からタックル。QBはそのプレーで負傷退場した。守備選手は3プレー目、5プレー目にも反則行為をして資格没収(退場)となった。

 関東学生連盟は9日の理事会で映像を分析し、この反則行為を問題視。守備選手を対外試合の出場禁止処分、内田正人監督を指導者責任として厳重注意処分とした。(榊原一生)

朝日新聞 2018年5月16日
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL5J5Q4TL5JUTQP01S.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526462402

続きを読む