恩師の“変化”を語る宇佐美「冗談を言う機会が増えた」

2

W杯デビューから一夜明けた25日、ベースキャンプ地のカザンで練習を終えた日本代表MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)は「今まで感じたことのないようなスピードで時間が過ぎた」と、あらためて24日のセネガル戦(2-2)を振り返った。

後半42分からMF乾貴士に代わってピッチに入り、後半アディショナルタイムを含めて約7分間プレーした。「確か(残り時間が)2、3分あって、ロスタイムを入れて何分出たかは分からないけど、体感的には1分半くらいで終わった感じだった」。W杯デビューはあっという間に終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-01655557-gekisaka-socc

続きを読む