C・ロナウドのユベントス移籍は“プランB”だった…?

1

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにとって、ユベントス移籍は“プランB”だったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。

ユベントスは10日、レアル・マドリーからC・ロナウドを獲得したことを発表。移籍金は1億1200万ユーロ(約146億円)、年俸は3000万ユーロ(約39億円)とみられている。1着92ポンド(約1万4000円)のユニフォームは11日に販売開始されると、初日で52万枚を売り上げ、早くも“クリロナ効果”の恩恵を受けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-01656219-gekisaka-socc

続きを読む