フランス代表、W杯優勝!ポグバ・ムバッペ弾などクロアチア下し20年ぶりの制覇!まとめその2(関連まとめ)

フランス4発で20年ぶりV!グリーズマンOG誘発&PK弾 エムバぺ&ポグバも決めた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000144-spnannex-socc
フランスロシアW杯優勝.jpg

◇ロシアW杯・決勝 フランス4―2クロアチア(2018年7月15日 モスクワ・ルジニキ競技場)

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、決勝戦が行われ、FIFAランク7位のフランスが同20位のクロアチアに4―2で勝利。FWグリーズマン、エムバぺ、MFポグバの中心選手が大一番で得点を決め、1998年大会以来となる20年ぶり2度目の優勝を飾った。

 立ち上がりからクロアチアが前線から激しいプレス。しかし、フランスは徐々にプレスをかいくぐり、前半17分にゴール正面の好位置でFKを獲得。キッカーのグリーズマンが高精度のボールをゴール前に供給すると、相手FWマンジュキッチのオウンゴールを誘発。フランスが先制に成功した。

 セットプレーから失点を許したクロアチアだが、28分にモドリッチのFKを起点に同点に追いつく。右サイドからモドリッチがクロスを送ると、中央でパスをつなぎ、最後はペリシッチが左足一閃。豪快な同点弾を叩き込んだ。

 同38分、またもセットプレーから試合が動く。グリーズマンの蹴った右CKがペリシッチの右手に当たり、ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)がハンドの判定。フランスがPKを獲得し、グリーズマンがこれをきっちりと決めた。

 2―1とリードして折り返したフランスは、後半14分に大きな追加点。右サイドのスペースでボールを受けたエムバぺがペナルティーエリア内のグリーズマンにパスを送り、グリーズマンは中盤から上がってきたポグバにパス。ポグバの右足シュートはDFに阻まれたが、跳ね返ってきたボールを今度は左足でシュート。ボールはゴールに吸い込まれた。

 同20分には、ペナルティーエリア正面でフリーになったエムバぺが豪快に右足を振り抜き4点目。直後の同24分にGKロリスのミスから1点を返されたが、4―2で逃げ切った。

 決勝でも圧倒的な攻撃力を見せ、怒とうの4得点。自国開催だった98年大会以来となる20年ぶりの優勝を飾った。

【PSG】パリ・サンジェルマン part28
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1521562052/

▼記事の続きを読む▼