モロッコ開催、一発勝負、VAR採用…バルセロナが初めてづくしのスペイン・スーパーカップを逆転で制する

1

12日のスペイン・スーパーカップ、セビージャ対バルセロナは2-1でバルセロナが勝利し、2年ぶりの優勝を果たした。

新しいことづくめのスペイン・スーパーカップだ。セビージャがヨーロッパリーグ予選を戦っていることもあり、対戦形式をホーム&アウェーではなく一発勝負に変更(セビージャは一発勝負を望まなかったが…)。それに伴いスペインの外、モロッコのタンジェで試合を開催。さらにスペインの公式戦では初めてVARが採用されている。新しいことづくめの中で引きずっていることがあるとすれば、昨季コパ・デル・レイ決勝の結果か。セビージャはあの試合でバルセロナに0-5の大敗を喫し、ファンから屈辱だと大きな怒りを買った。

両チームのシステムは、バルセロナが伝統の4-3-3、セビージャが前ジローナ指揮官マチン監督のアイデンティティーとも言える3-4-3。立ち上がりはバルセロナがボールを保持して、対してセビージャが整然とした守備からの速攻でゴールを狙うという展開になる。

セビージャ 1-2 バルセロナ

■得点者

セビージャ:サラビア(9分)

バルセロナ:ピケ(41分)、デンベレ(79分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000032-goal-socc

続きを読む