中国クラブ“泣きっ面に蜂”「イニエスタを獲れずチームも低迷」

1 2018/08/15(水) 11:30:29.63 _USER9
何でアンドレス・イニエスタは来てくれなかったんだろう。中国の重慶当代は今頃ショックを受けているかもしれない。イニエスタの移籍話が浮上した時、4月末の段階では中国の重慶当代が移籍先の筆頭候補ではないかと言われていたからだ。ところがイニエスタはヴィッセル神戸行きを選択し、日本のサッカーファンを毎試合興奮させている。

スペイン『MARCA』はイニエスタ獲得から撤退した重慶当代を特集しているが、重慶当代は現在かなり苦しんでいる。リーグ戦がスタートした3月あたりは順調にも思えたのだが、5月に入ったあたりから失速。今では16チーム中15位と下位に沈んでいるのだ。

同メディアは、「3か月前はサポーターの中にもイニエスタのような選手獲得の可能性があることからハッピーな雰囲気があったが、今ではダブルで失望を受けている。一方でイニエスタはすでにJリーグのヴィッセル神戸で輝きを放っている。イニエスタが神戸行きを決めてから、重慶当代は中国で最悪のチームになっている」とショックの大きさを伝えている。

イニエスタ1人でどうこうできる問題ではないが、重慶当代は直近6試合で4ポイントしか稼げていない。一方で神戸はイニエスタとルーカス・ポドルスキの優雅な共演を楽しみ、先日のジュビロ磐田戦ではイニエスタがスーパーゴールを決めたばかり。神戸サポーターは今でも夢なのか現実なのか分からなくなっていることだろう。イニエスタ獲得から両チームの明暗は完全に分かれている。

2018年8月14日 22時10分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15159350/

写真
no title


続きを読む