違反覚悟で“無言の抗議”ローマ主将デ・ロッシが意地を貫く!!

キャプチャ

セリエA開幕戦において、ローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが指定されているキャプテンマークを巻いていなかったとして問題になっている。
イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が20日、報じている。


デ・ロッシは19日、アウェーで行われたトリノ戦(1-0でローマが勝利)に先発フル出場した。
だが35歳MFは、主将として巻くはずのキャプテンマークが規定に違反していたと指摘されている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000017-goal-socc

続きを読む