トーレスの後継ぎ“エル・ニーニョ”に19歳ボルハ・ガルセス!!鮮烈なデビューを飾る!

a6025ac3cf

サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスの心のクラブとして知られるアトレティコ・マドリーで、新たに“エル・ニーニョ”と呼ばれる選手が誕生した。

“エル・ニーニョ”はスペイン語で子供や少年を意味し、若くしてプロデビューを飾った選手の愛称として使用される。レアル・マドリーではFWラウール・ゴンサレス氏がその愛称をつけられ、そしてアトレティコではF・トーレスがそう呼ばれてファンから我が子のように愛された。

そんなアトレティコで、新たに“エル・ニーニョ”と呼ばれる選手が誕生。15日のリーガ・エスパニョーラ第4節、本拠地ワンダ・メトロポリターノでのエイバル戦(1-1)でトップチームの公式戦デビューを飾り、同点ゴールを記録した19歳FWボルハ・ガルセスである。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00010000-goal-socc

続きを読む