日本代表、ベネズエラと1-1ドロー!大迫勇也がチャンスメイクで光る まとめその2(関連まとめ)

【日本代表】期待感を提供する前線の“ファンタスティック4”。とりわけ光ったのが…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181116-00050299-sdigestw-socc
大迫2018ベネズエラ戦ドリブル.jpg

最前線で身体を張る大迫の計り知れない貢献は見逃せない
2018年11月16日、日本代表が大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と対戦。立ち上がりから相手のプレスに苦しんで押し込まれる時間帯もあったが、巧みな個人技を生かして好機を作る場面ももちろんあった。
 
 1分には堂安律のドリブルから中島翔哉がシュートを狙えば、26分には大迫勇也の横パスから堂安が絶好機を迎える。チップキック気味のシュートは惜しくも外れたものの、31分には南野拓実がゴール前でチャンスを作りかけ、35分には大迫のスルーパスから中島がGKと1対1になるシーンもあった。
 
 続く39分に中島がFKから酒井宏樹の先制弾を演出すると、54分に大迫らとのコンビネーションから堂安が相手GKを強襲するなど、攻撃の中心には大迫、中島、南野、堂安の“ファンタスティック4”がいた。
 
 前半、とりわけ光っていたのが大迫のチャンスメイクだ。堂安、中島、南野の3人がゴール前で比較的フリーになれたのも、この大迫が上手く相手を引き付けていたからだろう。少なくとも、中島、南野、堂安の新ビッグ3候補がここまで伸び伸びとプレーできる背景に最前線で身体を張る大迫の計り知れない貢献がある。

 後半途中からやや膠着状態となり、前線4人の見せ場は減った。大迫、堂安、南野はノーゴールで、目に見える結果を残したのは1アシストの中島のみだが、それでも……。
 
 9月、10月に比べて、前線4人の連係は明らかに良くなっている印象だ(強豪相手に通用するかはさて置き)。チームが苦しい局面でもそれぞれがひとつのプレーで局面できる大迫、南野、中島、堂安の4人はワクワク感を提供してくれるという意味でも“ファンタスティック”である。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

大迫勇也 78
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1538195255/

▼記事の続きを読む▼