シュミットダニエル「今すぐ海外でプレーしたい」

1: Egg ★ 2018/11/19(月) 11:34:42.02 ID:CAP_USER9
シュミットダニエル念願の日本代表デビューを果たし、一夜明けた17日には2016シーズンに期限付き移籍し、飛躍するきっかけを与えてくれた松本山雅FCが4年ぶりのJ1復帰を決めた。二重の喜びに浸っていた間には、100件近い祝福のメッセージが無料通話アプリ『LINE』を介して届いている。

日本サッカー協会(JFA)から発表されている身長197cmは、実は最近になってさらに1cm伸びている。日本代表のゴールマウスを守ってきた歴代のゴールキーパーのなかでも、飛び抜けて大きなサイズで注目を集めたシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)が、胸中に秘める大きな夢を明かした。

年内最後の一戦となる20日のキルギス代表戦(豊田スタジアム)へ向けて、豊田市内へ場所を移して再開された日本代表合宿の2日目を終えた18日。取材エリアで海外挑戦の意思を問われた26歳は「正直、いますぐにでも行きたい」と間髪を容れずに答えた。

「希望は特にないというか、レベルが高ければ高い国ほどいいと思っていますけど、家族のこととかいろいろと考えるべき問題があるし、言葉の問題もある。何よりもプレーヤーとしてヨーロッパから必要とされるレベルにはまだ達していない。それでも、まずは(ヨーロッパのクラブに)身を置いてみるとか、そういうチャンスがあればいいな、と」

公言してはばからない海外志向の強さは歩んできたサッカー人生と密接にリンクしている。宮城・東北学院高校に進学した2007年。15歳にして190cm近くあった長身を見込まれたシュミットは、中学時代まで務めていたボランチからキーパーへとコンバートされた。

このときに手本として、当時の世界最高キーパーに憧憬の思いを抱いた。オランダ代表及びマンチェスター・ユナイテッドの守護神として圧倒的な存在感を放ち、197cmの長身から「摩天楼」と呼ばれていたレジェンド、エドウィン・ファン・デル・サールの一挙手一投足を追った。

「足元の技術もあって身長もあったので、自然とファン・デル・サールを見ていました」

その後もシュミットの視線はヨーロッパで活躍するキーパーたちへ注がれ、必然的に海外でプレーする夢が育まれてきた。いまでは正確無比なキックの精度から世界最高の評価を得ている、エデルソン・モラレスが絶対的な守護神として君臨するマンチェスター・シティFCを強く意識する。

「ビルドアップの部分ではエデルソンが世界一だと思っているし、ボールのスピードや味方につける場所も含めて、凄く勉強になる。エデルソンのような速いボールが、自分には足りないと思っているので」

(以下、略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010000-wordleafs-socc

続きを読む