ドイツ弱体化の原因はペップ?代表OBブリーゲル氏「サッカー本来の原理を忘れてしまった」

1

ジョゼップ・グアルディオラ監督のやり方が、ドイツ代表不振を招いたと元同国代表DFのハンス=ペーター・ブリーゲル氏は考えているようだ。

2013年から2016年までバイエルン・ミュンヘンを指揮し、ドイツにポゼッションサッカーを根付かせたグアルディオラ監督。バイエルンは同指揮官との3シーズンの間に、ブンデスリーガ3連覇を達成したほか、国内カップ戦でも2度トロフィーを掲げるなど数多くのタイトルを手にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000034-goal-socc

続きを読む