ジャマイカ戦をユーザーが採点!『俺ガゼッタ』…日本代表各選手の採点と寸評

2

キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦。相手のオウンゴールが決勝点となり、1-0で日本が勝利を収めた。

試合後、サッカーキングでは『俺ガゼッタ』と題し、各ユーザーに採点してもらった。

アンカーのポジションで本来の持ち味を発揮し、守備での貢献を見せたヘルタ・ベルリン所属のMF細貝萌が、チーム最高点の「6.7」(最高点10、最低点1)を獲得。同試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。オウンゴールを誘発した鹿島アントラーズ所属のMF柴崎岳は「6.6」、代表デビューを飾ったサンフレッチェ広島所属のDF塩谷司が「6.5」の高評価を得た。新体制として初白星を手にしたハビエル・アギーレ監督には「5.8」の及第点が与えられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00240953-soccerk-socc

続きを読む