韓国ネチズン反応…“162キロ”大谷、さらなる球速のために禁欲を実施

大谷、“禁欲”食事で肉体改造!揚げ物の衣&夜のチョコ封印
サンケイスポーツ

 日本ハム・大谷翔平投手(20)は、2年目のオフも自動車運転免許取得は封印。千葉・鎌ケ谷市内の2軍施設で自主トレを行った13日、肉体改造のために食生活を改善していることを明かした。

 昨オフは7キロの増量に成功し、球速は162キロに達し、制球も安定した。2年目のジンクスとは無縁だった二刀流右腕は、現在93キロの体重をさらに増量する考えだ。「脂肪を少なくして、筋肉量を多くする」と高タンパク低脂肪の食品を中心に摂取している。〔1〕揚げ物の衣は食べない〔2〕好物のチョコレートも夜には食べない-を守っている。

“162キロ”大谷、より速い球速のために”禁欲”実施
日刊スポーツ

※一部要約

日本プロ野球の”投打兼業男”大谷翔平が、来シーズンにより速い球速とより多くのホームラン打球を飛ばすため、きつい変化に入った。

サンケイスポーツは14日、「大谷が禁欲生活をする」として、「個人練習を進めている13日、食生活を改善していることを明かした」と伝えた。