【風景】ミステリアスな伝説が残る、イタリアの古城3選

【風景】ミステリアスな伝説が残る、イタリアの古城3選

http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401549424/l50

1ばぐたMK-Ⅲφ◆FdDsU0B5ivx5 :2014/06/01(日)00:17:04 ID:???
イタリアには、世界遺産に登録されている城や、映画の舞台になった城、幽霊伝説のある城など、魅惑的な城がたくさん存在します。城の用途は時代によって変わっていき、要塞や牢獄、霊廟などさまざまな顔をもちます。今回はイタリアでも特にミステリアスな3つの城を紹介したいと思います。

■八角形のミステリー!デルモンテ城
10462-01
http://tabizine.jp/wp-content/uploads/2014/05/10462-01.jpg

世界遺産に登録されているというだけで興味を惹かれるデルモンテ城。イタリア南部のプーリア州バーリ県に位置します。

城を見れば、「8」という数字にこだわってつくられていることが一目でわかります。全体は八角形に象られており、その周りには8つの塔が囲み、八角形の庭が中央にあります。「8」という数字は、イスラム世界では吉数なのだとか。
10462-04
http://tabizine.jp/wp-content/uploads/2014/05/10462-04.jpg

■断崖絶壁にそびえたつ、サンレオ城
10462-02
http://tabizine.jp/wp-content/uploads/2014/05/10462-02.jpg
(c)flickr/neonove

トリップアドバイザーの「死ぬまでに行きたい世界の名城25」にもピックアップされている有名な城、サンレオ城。イタリア中部にある小さな町サンレオにある城です。

フェルトロ山という山の山頂に位置する、その切り立った崖にそびえる姿は迫力満点。ここからの眺めも何にも替え難いものだとか。
10462-05
http://tabizine.jp/wp-content/uploads/2014/05/10462-05.jpg

特に有名なのは、「ルパン三世 カリオストロの城」の舞台となったこと。
本来、この城は特殊な地形に建つことから、さまざまな部族の戦闘の舞台になったといわれています。ルネサンス時代を経た後は、牢獄として使用されるようになったそうです。18世紀に実在した、医師、錬金術師、オカルト専門家など様々な肩書きをもち活動したカリオストロ伯爵はここで終身刑を受けたのです。

■幽霊伝説あり?!サンタンジェロ城
10462-03
http://tabizine.jp/wp-content/uploads/2014/05/10462-03.jpg
(c)flickr/alexanderferdinand

サンタンジェロ城は、ローマの歴史を物語る城。テベレ川沿いに位置します。
2世紀初頭に、ローマ皇帝の霊廟として建てられたもので、ローマ歴代皇帝が眠ることとなりました。一方で、罪人を収監する牢獄としても機能していたといわれています。中には、無実の罪を着せられて殺された人物なども多いという、いわくつきの城です。

〈中略〉
10462-07
http://tabizine.jp/wp-content/uploads/2014/05/10462-07.jpg

〈以下略〉

[Photo by shutterstock.com]

ソース
http://tabizine.jp/2014/05/16/10462/

続きを読む