小4の頃、弟生まれるから実家に預けられてた時期があった ばあちゃんも爺ちゃんもすげー優しくて楽しい日々を過ごしてたんだが・・・

IMG_1359-1s

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?324

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1412663849/l50
11 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/10(金) 22:55:14.03 ID:S4uvEEwM0.net
オカ板初カキコです。文章ヘタだけど
小4の頃、弟生まれるから実家に預けられてた時期があった
ばあちゃんも爺ちゃんもすげー優しくて楽しい日々を過ごしてたんだが
ある日、トイレ行こうと思って12時ぐらいに起きたんだ
トイレは一階で俺がいた部屋は2階だったんだ
階段下りて、トイレしてかえろうとしたら爺ちゃんがいる和室から
うめき声が聞こえてきたから、爺ちゃん病気か?と思いふすまを開けたんだ
そしたらじいちゃんがうーんとか言ってうなされてえたんだけど、
爺ちゃんの布団のすぐ横に人型の真っ黒いなにかがジーッと爺ちゃんを見てるんだよ
わけわかんなくて固まってたんだけど、うめき声の主がその黒い何かなのはわかったんだ
俺は霊感とかないんだけど、その黒いのがすげー怒って爺ちゃんをにらんでるのは分かった。
数分間そーして固まってたんだけど、不意に黒い奴が俺をにらんだんだよ
睨まれた最初はすごい怒りと殺気を感じたんだけど
だんだん怒りのオーラがなくなってったのがわかった
そして泣き声?みたいなオォン…オォン・・・って言いながら消えてったんだよ。
俺は怖すぎてもうわけわかんなかったんだが、そこから動けなった
そいつがいなくなると爺ちゃんも落ち着いて、静かに寝始めた
その部屋にいるのはもちろんこわいが、自分の部屋に帰る途中に黒い奴に遭うかもしれないと思うと、その場を動けなかった
結局その日はそこで寝たんだ
次の日爺ちゃんに夜中のことを話してなんか知ってるか聞いたんだ
そしたら

 

続きを読む