お迎え

病院では生と死のドラマが毎日のように繰り広げられている。

そんな病院で不思議な経験を体験したことのある看護師は結構多いという・・・・

入院患者の中には尋ねて来る人もなく孤独で、死期の迫ったお年寄りが少なからずいるらしい。

そんなご老人の病室の前をある看護師が通り掛かると、何やら会話する声が聞こえてきた。

「お見舞いに来る人なんて滅多に居ないのに?」と不思議に思い部屋を覗くと誰も見舞いに訪れてはなく、部屋にはそのご老人だけである。

要するにそのご老人、独り言を言っていた訳だが、どうも何かが見えているらしく、見えない何かと話を続けていた。内容は親族に対する愚痴だったという。

看護師はこのことを先輩に話すと、ご老人の多い病棟ではそういう事は時々あって、それは「お迎え」なんだと教えてくれた。

死期が近い人の元には時々お迎えが来るらしく、それも孤独な人のところに来る場合が圧倒的に多く、あの世への旅立ちが一人でも寂しくないようになっているらしい。そして先輩曰く、そのご老人は長くないという。

翌日、そのご老人は亡くなりに、見えない何かはやはりお迎えであったらしい。