手提げ袋

とある地域の小学生達は池の近くの林を遊び場としており、大きな石の裏に潜む虫を捕まえては殺すという遊びを日常的にやっていた。

ライターで炙ったり、手足をもいだり、池に落としたり・・・・その際に虫が見せる反応を楽しんでいた。

その日の学校帰りにも林に立ち寄って、虫を捕まえて、殺して遊んでいた。その日は引き裂きの刑と称して、捕まえた虫の脚を引きちぎったり、ライターで焼いて虐待して殺していた。

しばらくすると虫を捕まえるのにも飽きて、友人の家に集まりゲームをすることに。

次の日の学校でのこと、グループの一人が自分のリコーダーが無くなったと騒いでいた。昨日集まった家にも無いようだったので、おそらくは林の中で、リコーダーが入った手提げ袋ごと落としたのだろうという結論に至った。

放課後、みんなで林に探しに行くと池の近くの木の枝に手提げ袋が下がっているのを発見する。中を覗くとリコーダは無事であったが、その他にしわくちゃのレシートとカプセルトイの容器が入っていた。

容器にある小さな穴からは液体が伝っており、その液でレシートもじんわり湿っていた。

レシートの裏には
「てあしをもがれたきもちをかんがえろ」
そう汚い字で書かれており、カプセルトイの空球には昆虫の脚がぎっしり詰まっていた。

気味が悪くなったリコーダーの持ち主は手提げ袋ごと池に放り投げ、全員その場から走って逃げた。

以来、恐ろしくなり林には近づけなくなった。