球体  前篇

18 : ◆7QPLwJZR/Ypf [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:50:40 ID:5wEx2dIH0 [1/5回(PC)]

登場人物 
A→俺。一応主役。 
Mさん→俺の師匠。”アレ”に憑かれている。俺の心の声では師匠。会話では(恥ずぃので)Mさんと呼んでいる 
おかん→俺のおかん。つよい。便所スリッパで悪霊を祓う。 
“アレ”→師匠に憑いてる怖い何か 

自己責任で読んでください。一応警告したので始めます。 
“球体” 

わが町内の西端にある踏切には、俗に言う化け物が居る。 
直径1メートル半くらいの人間の手足を纏めてできている濃い紫の球体状のもので、 
踏切から2メートルほど上をフワフワと浮いている。 
人を引き込んだりと害は無いと思うのだが、時々その球体が大きくなることがある。 
おかんも「あの球は何か分からん」と言って、いつも不思議がっている。 

師匠は基本的にこの踏切を通りたがらない。 
近づくと否応無しに例の”アレ”が出てくるからだ。 
一度見たことがあるが、準備動作なしでいきなり黒い腕を長く伸ばし、 
球体の左半分をもぎ取ると、それをモシャモシャと食べていた。 
「これ以上こいつに成長されてもたまらんからなぁ」とは師匠の言葉である。 
半月のようにもがれたそれは、すぐに球状に再構成されて 
一回り小さくなったが、またフワフワと浮んでいた。 

話は変わるが、轢死体は時々身体のパーツがどんなに捜しても足りないことがあるらしい。 
それは大体、手や足などのもげやすく飛びやすい、細く軽い部分だが 
時々、首から上が無いものがある。 
どんなに周囲を捜しても頭が丸ごと無いのである。

 

続きを読む