ひまわり学級という障がいを抱えた子供が通うクラスがあった

AMEjyoubudehoiku_TP_V

363 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/05(土) 06:36:51.88 ID:9V/7Rjgx0 [1/3回(PC)]

小学生の頃、ひまわり学級という障がいを抱えた子供が通うクラスがあった。 
そこに、ずんぐりした軽度の知的障害を抱えた男子が通っていた。 
そいつを仮にAと呼ぶことにする。というか名前知らないし。 

ひまわり学級は普通、一般学級とは異なるタイムスケジュールで進んでいるため、その学級の生徒を見る事は稀なことだった。 
それ故に一般生徒は、ひまわり学級についてほとんど知らないのが普通だったのだが、このAの知名度はかなりすば抜けており、一種の学校の名物君になっていた。 
その理由としては、Aは気になる物は全て左右対称じゃないと気が済まないと言う、極めて重度の強迫性障害を持っていたからだ。 
Aは異常なほどシンメトリーに拘り、左右非対称の物に関しては、自らが納得するまで弄って、何とかシンメトリーにしようとしていた。 

これは現場を最初から見た訳ではないから何とも言えないが、一度、授業中にAの金切り声を聞いたことがある。 
その後、窓際にいた友人に話を聞いてみると、どうやらAが中庭の細木の枝を只管折っていて、それを先生に止められたらしい。 
しかし先生に腕を引っ張られながらも、金切り声をあげながら、何とか残りの枝もへし折ろうと執着してた……とのことだった。 
数日後、中庭の細木が見事一本の棒のようになっていたんだから、どれだけAの執念が凄まじいかよく分かると思う。 

とは言っても、全ての物に対して執着する訳ではなく、あくまで己の琴線に触れた物のシンメトリーだけに執着するらしい。 
事実、他の細木には通常どおりだったし、人体模型や建築物などのシンメトリーもガン無視だったらしい。 
ここで場面は変わるが、同じクラスの女子にHっていう子がいたんだが、その子が交通事故に合った。 
幸い、命に別条はなかったものの、右足の脛から下あたりまでを失ってしまった。 
一応、数ヵ月後には学校に顔を出す様になったが、リハビリかなんかで、ちょくちょく遅れて登校したり、早退したりも多くなった。 
そんな感じの生活が続いていたある日、事件は起こった。 
Hがリハビリの為に早退することになり、別の女子に連れ添われながら教室を出て行った。 
それからほんの少し間が空いて突然、廊下の方から女子の悲鳴が聞こえた。その時は、自分も当事者だったので良く覚えている。 

続きを読む