あんたは入るんじゃない!!

670 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 19:51:16.21 ID:YgXvrYFK0 [1/3回(PC)]

私は全くの零感なんだけど、どうやら母と祖母が見えるタイプの人。(祖母は易占とお祓いまがいのこともやっていた。いまはボケてきちゃってやめちゃったけど) 
その中で私にもちょっとだけ被害?があった話。 

当時私は中三で高校受験を控えていて、家の隣(同じ敷地内。玄関すぐ)に小さい離れみたいなとこで勉強していたのね。十時過ぎくらいかな。 
そこへ飲みに行ってた母が帰ってきて、離れのガラス戸をコンコンってノックした。 

私も椅子から立ち上がって「おーお帰り~」って手を振る。母もガラス越しに手振ってただいま~って。 
そしたら急に母の顔がサッと険しくなって、乱暴にドアを開けた。 
びっくりする私をよそに放った言葉は「あんた誰?!!」 
はぁ?酔っ払ってんのか?と思いながら「誰って○○(私の名前)だよww酔ってんの?ww」って笑っても「○○じゃない!!あんた誰!!そこで何やってんの!!」って繰り返すばかり。 
流石に怖くなって泣き出す私。騒ぎを聞きつけて家から飛び出してくる父。 
そんな父にも「お父さんこの子○○じゃない!!○○じゃない!!」って捲し立てる母。私ガン泣きwww 
父が「○○が怖がってるだろ!!いい加減にしろ!!」って母に怒鳴って(普段の父からは考えられないような剣幕)、私に家に入るよう促した。 
号泣しながら入ろうとすると「あんたは入るんじゃない!!」って私を見て母が怒鳴る。 
めちゃくちゃ怖くて走って自分の部屋に戻った。 
部屋に戻って猫抱きながら泣いてると、しばらくして母が入ってきた。 
怯えてまた私が泣き出すと、母は「ごめんね。お母さん酔っ払ってたみたい、間違えちゃった。ごめんね、あんたはお母さんが守るからね。守るからね。」って抱きしめながら繰り返した。 
いつもの様子に安心してまた泣き出す私に、今日はもう寝ちゃいな、と母が笑った。 
よかった、いつものお母さんだ。そう思って、泣き疲れたのかその日はすぐに眠ってしまった。

続きを読む