【画像】閲覧注意。海の底で星を見るもの、メガネウオの顔が恐ろしすぎる 写真10枚

【画像】閲覧注意。海の底で星を見るもの、メガネウオの顔が恐ろしすぎる 写真10枚駿河湾以南からオーストラリアまで分布し、水深100メートルまでの海の底に生息するスズキ目、ミシマオコゼ科の魚、メガネウオ。

海底の泥砂の中に身を潜め、獲物が通りかかるのを待つ。海底から常に上を見上げる姿から、英名は「Blackbanded stargazer(黒い帯の、星を見るもの)」という名が付き、飛び出した目玉の様子から和名のメガネウオが付いた。

飛び出したうえ視点が定まらない目も怖ければ、不揃いなんてもんじゃない酷すぎる歯並びも恐ろしい。
ベロのように飛び出ているものは下あごから生えていて、エサとなる小魚をおびき寄せていると考えられているそうな。