卵膜が破れることなく水風船状態のまま生まれてきたミラクルな赤ちゃん(ギリシャ)

0_e67

 羊水と胎児が入った卵黄嚢と呼ばれる袋は、赤ちゃんが生まれてくる直前に破けて、羊水が流れ出す「破水」が起きるのがのが一般的ですが、ギリシャのアテネ北部の病院で、帝王切開による手術を行っていた女性から、まるで卵のような、水風船のような、卵黄嚢が羊水に満たされたままの赤ちゃんがそのまま取り出されたそうです。出産に携わった医師が珍しがってその写真をフェイスブックに公開しました。

続きを読む