ナデナデして欲しいから、犬の足を利用してセルフナデナデする猫

ナデナデして欲しいから、犬の足を利用してセルフナデナデする猫スキンシップが足りなくて、できることならもっと誰かにナデナデしてほしい猫のルークくん。でも飼い主は忙しいようでナデナデしてくれないため、ルークくんが考えついた方法は、親友タリーくんの足を借りること。

一緒にくつろぐタリーくんが投げ出した前足に、勝手にスリスリしまくるルークくん。
タリーくんはあまり反応がない感じで、もしかしたらこれが日常茶飯事なのかもしれないね。