【ガラモンの難ありソフビ500万円】7月の気になったヤフオク高額落札品

20180803-0

ヤフオク高額入札品自動収集プログラムに引っかかって来た、ちょっと気になる出品2018年7月分のご紹介!!!姉妹サイト『ヤフオクの気になる高額落札品 』も合わせてヨロシクです♪

今回も色々ありました!昭和の犯罪資料、レトロな下駄箱、山葡萄の革で作られたハンドメイドのカゴ、炎上したフェラーリなどなどです。

また今回は驚いた落札品が2点ありまして、

1点目は160万円で落札された「上海アリス幻樂団 蓬莱人形」。
こちらはコミックマーケット62で配布されたCD-Rで、このサークルが制作している東方ProjectのCDやフロッピーディスクが数十万円で落札されているのは何度か見たことがあるのですが、ここまでの価格の物は見た記憶がないのでかなり驚きました!

2点目は501万8000円で落札された「ガラモン
第1期のソフビ」です。
酷い汚れがある上に右手が破損しているのですが、この価格で落札されるとは。。。骨董品レベルですね(当時価格は350円)。

ガラモン第1期の現存数は20体前後と言われているそうです。2002年にまんだらけオークションで500万円の値段が付いたのが大きく話題となり、その後『なんでも鑑定団』では700万円の鑑定額が出ました。つい3ヶ月前には状態の良いものがまんだらけオークションに出品され890万円での落札となっています。

続きを読む