ニューヨーク・タイムズのデジタル戦略は本当に成功しているのか?

1

ニューヨーク・タイムズ(ティッカー・シンボル:NYT $9.85)は1851年に創刊された新聞です。1896年にアドルフ・オックスに買収され、ニューヨーク州に登記された会社として改組されました。

同社の株式はクラスAとクラスBに別れており、クラスA株式の保有者は役員の30%を選出することができる投票権を付与されています。クラスB株式の保有者は役員の70%を選出できます。

クラスB株式はアドルフ・オックス(1858-1935)の後裔によって保有されており、オックスの娘婿であるアーサー・ヘイズ・サルツバーガー(1891-1968)はじめ一族のメンバーが同社の経営にあたってきました。

現在もオックス-サルツバーガー一族のトラスト・ファンドが同社のクラスB株式の90%を支配していることから、敵対的買収は出来ません。

なお同社はメキシコの大富豪、カルロス・スリムから融資を受けた経緯があり、現在、スリムは同社のクラスA株式の17%を保有しています。

インターネットの普及の影響などもあり、近年、アメリカでの新聞の購読はじり貧になっています。ニューヨーク・タイムズもこのトレンドの影響を受け、経営危機に直面しています。

この局面を乗り切るため、同社はファミリー経営の伝統をやぶり、元BBCのマーク・トンプソンをCEOに抜擢しました。先に発表された第1四半期決算では、マーク・トンプソンが着任後、三ヶ月経った初の決算発表となりました。

この間、トンプソンはニューヨーク・タイムズをどう立て直すかに関していろいろ思案し、次のような一連のプランを打ち出しています。

続きを読む