自動車中古パーツのリサイクル業者、LKQは倹約、エコ時代の目立たぬ優良企業

LKQ

LKQ(ティッカーシンボル:LKQ)は1998年に創業された、比較的若い会社です。

同社は自動車やトラックの交換部品、パーツなどを自動車修理工場やボディショップなどに販売するリサイクル業者です。

仕事の流れとしては先ず交通事故で廃車になったポンコツを同社は入札で買い入れます。

次に同社の技術者がそのクルマから、損傷していなくて、なおかつ安全基準を満たす、まだ使える部品を回収、再生します。

アメリカの自動車リペアパーツ市場の市場規模は2,000億ドル市場だと言われています。これはかなり大きな市場です。

マイカーのオーナーがクルマをぶつけたり、あるいはクルマが故障して直さなければいけないとき、それを自動車修理工場(ガレージ)に持ち込みます。そこではプロの修理工が修理するわけですが、この市場(DIFM: Do it for meと略されます)の規模は約1,550億ドルです。

DIFM、つまり自動車修理には1)事故の場合と、2)故障の場合があります。

それぞれの市場規模は

1)事故 390億ドル
2)故障 1,160億ドル

です。

上に述べた修理代の内訳は(部品+マークアップ+労役費)から構成されており、労役費はその3分の1程度です。

すると労役費とマークアップ(=マージン)を除いた、交換部品の市場は:

1)事故 150億ドル
2)故障 440億ドル

程度になります。つまり合計590億ドルがLKQのターゲット市場になるのです。同社の売上高から逆算した現在のマーケット・シェアは8%に過ぎず、まだまだ成長余地は大きいです。

1980年頃までは、自動車の修理といえば、ちょっと古いクルマでも交換部品は新品をメーカーから取り寄せることが殆どでした。

しかし部品の中には耐用年数はたった10年ではなく、もっと長く、安全に使える部品も多く含まれています。

続きを読む