日銀の内部にもスパイが?麻生財務相「全面的に調査に協力する」

日銀の黒田東彦総裁は8日午前の衆院予算委員会で、1月29日の金融政策決定会合の決定内容が公表直前に一部報道機関により報道された「漏えい問題」について「調査結果を対外公表する」と述べたとロイターが報道。

中央銀行にあたる日銀の政策内容が、発表前に漏れたとなれば、深刻な事態であることは確実です。

中韓産業スパイ
中韓産業スパイ
posted with amazlet at 16.02.09
日本経済新聞出版社 (2015-12-04)
売り上げランキング: 15,324

なるべく手持ちのカードを温存したい政府や日銀、チャンスがあれば日本を喰いたいと考えている海外の機関投資家たち。双方の心理戦が激しさを増すだけに、情報漏洩は日本政府にとっても莫大な損失となりかねない事態というわけです。麻生財務相も「全面的に調査に協力する」と述べた点からも、その深刻さをうかがい知ることができそうです。

政府内だけでなく、日銀の内部にもスパイが紛れ込んでいるということなのでしょうか。

U-style TOPページへ