妻を亡くして22年…「気が触れた」と言われた男性が成し遂げた、途方もない偉業とは…

maxresdefault

1: (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊 2015/09/15(火) 07:09:04.53 ID:J42Os6630.net BE:116626523-2BP(1000)

sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif

亡妻思い22年間、山を掘り続けた男性の実話を映画化 インド
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3058245

インドの身分制度カーストの最下層出身の貧しい労働者、ダシュラス・マンジ(Dashrath Manjhi)さんは1959年に事故に遭った妻を緊急医療が間に合わなかったために亡くした。最寄りの町に行くには、55キロも山を迂回しなければならなかったからだ

他の村人には同じ目に遭ってほしくないと考えたマンジさんは、妻の死後、途方もない取り組みを始めた昼夜を問わず、のみとハンマーだけで、岩山を少しずつ掘り進めたのだ。
インド東部ビハール(Bihar)州のギャウル(Gehlour)村から隣町まで直接経路を堀り55キロの道のりを15キロに短縮させた。全長約110メートル、幅は9メートルを超える箇所もある道が完成したのは、1982年のことだった。

この実話を映画化した『マンジ―山の男(原題、Manjhi – The Mountain Man)』で主役のマンジさんを演じるボリウッド・スター、ナワーズッディーン・シッディーキー(Nawazuddin Siddiqui)さんは
「美しくて感動的な話だ。彼は不可能を可能にし、自分の行動で大勢の人を救った」とAFPに語った

マンジさん本人は、2007年に胆嚢(たんのう)がんにより73歳で死去。ビハール州では州葬が行われた。

マンジさんが山を切り崩し始めたとき、地元の人は彼が正気を失ったと思ったという。しかし後に人々は考えを改めた。
開通から30年が経った最近、マンジさんが堀った道はようやく舗装道路になったという。

(c)AFP/Udita Jhunjhunwala

MBQaVd7

img_bdac0791ca756e488c09420a3798c6e8211325

img_2af4375d0751fbd49c28cd44fb5b7ef3187553

img_c808ed58fcbdb179e1fd91b592d2aa34302713

img_668116d7d89a4c6de35ababac8546485197806

tumblr_nude9f9E4V1qgthdfo1_1280

tumblr_nude9f9E4V1qgthdfo2_1280

tumblr_nude9f9E4V1qgthdfo3_1280

tumblr_nude9f9E4V1qgthdfo4_1280



続きを読む