企業「売り手市場だけど就活生に求めるレベルは下げない」

1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動,夏採用

 

売り手市場でも企業は質重視

【Q】まだ就職活動中です。内定を得るには?

【A】応募前の業種・企業研究、自分との相性確認を忘れずに

前回、好調な景況感を背景に、平成27年卒業予定の大学生の内定(内々定を含む)取得率が6割と、例年より速いペースで進んでいる一方、企業側の採用活動終了の割合は2割で、前年を下回っている現状をお伝えしました。就職みらい研究所の『採用活動中間調査2014(確定版)』では、内定出しの終了予定時期が7月以降という企業が全体の49・3%で、特に百貨店・スーパー・専門店などの小売業が66・7%、建設・不動産業が60・8%と多くなっています。企業にとっては採用難ともいえる状況下で、就職活動継続中の学生にとって、多くのチャンスがあるのは確かです。

ただし、過度な楽観は禁物です。同研究所の『就職白書』によると、例年、3~4割の企業は、新卒採用予定数を充足できないまま新卒採用活動を終了しています。新卒採用予定数に満たない場合の対応として、求める人材レベルを下げずに、中途採用や第2新卒など別の手段で人員を確保する企業が半数を占めるからです。27年卒については、労働市場の売り手市場化により、若干、緩和傾向であるものの、質重視の姿勢が基調にあることは変わらないでしょう。

就職活動を終える友人が増えていく中で活動を継続していると、つい焦りがちですが、採用活動継続中の企業を見つけたからといって、やみくもに応募するのでは成果に結びつきません。

採用意欲のある企業との出合いを就職につなげるには、企業が重視する「質」の中身に着目する必要があります。業種や従業員規模にかかわらず、大半の企業が新卒採用時に重視するのが、人柄、その企業への熱意、今後の可能性の3つです。…

周囲の状況や経済動向に流されず、落ち着いて目の前のチャンスと向き合ってみてください。(リクルートキャリア『就職みらい研究所』研究員・三輪麻衣)

全文はソースで:http://sankei.jp.msn.com/life/news/140710/trd14071010400007-n1.htm

続きを読む

続きを見る

A feed could not be found at http://liveidol.info/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.