マイコラス、紙コップを地面に置き上からバットで潰す謎の破壊行動を繰り返す

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/08/29(月) 17:08:10.83 ID:crVAZxPo0NIKU.net


巨人 大暴れマイコ…数多くのヤバイ伏線

 後味の悪さばかりが残った。その中心にいたのは、雨でぬかるんだマウンドで6回2失点のマイコラスだ。

 まずは初回、ロペスに先制ソロを浴びてベンチに戻ると、グラブを投げつけて感情を爆発させ、3回の第1打席で空を切ったバットを太ももで真っ二つに。イライラはチームメートにも向けられ、1点リードの6回に小林誠のミットが流れる形でボール判定となると、キャッチングに腹が立ったのか「コバヤシ!」と大声を張り上げて詰め寄り、ベンチから尾花投手コーチが慌てて飛び出した。

 その後、同点に追いつかれてベンチに引き揚げると、いよいよマイコラスは制御不能。ベンチにストンピングを食らわせて、左手で持ったグラブで近くにあった私物を“一掃”すると、転がり落ちたペットボトルをバットで6回も叩き潰して、そのバットも投げ捨ててベンチ裏へと下がった。当然、ナインはドン引きだ。

 数多くの“伏線”もあった。例えばジャイアンツ球場の室内練習場では、こんな奇行もあった。給水装置と一緒に設置された紙コップを地面に置き、その上からバットで押し潰す謎の破壊行動を連発。「パーン!」と破壊音がするたびに球場スタッフたちはビックリしながら振り向いて「またか…」と冷たい視線を向けていた。

 当のマイコラスは試合後、小林誠とのやりとりを「雑談だ」とはぐらかし「(雨で)マウンドもベース
の状態も本当にひどかった。(メジャー時代も)あの状態で投げたことはない」と吐き捨てるようにして球場を後にした。こんな状態が続けば、チームとマイコラスの距離は離れる一方となってしまうが…。

20160829-00000032-tospoweb-000-2-view

(東スポ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00000032-tospoweb-base

4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/08/29(月) 17:08:46.67 ID:pL5COc240NIKU.net

危ない人やな

16:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/08/29(月) 17:11:00.67 ID:xnSnuaxQ0NIKU.net

サイコパスじゃねーか

52:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/08/29(月) 17:17:09.36 ID:1wrESFdZ0NIKU.net

サイコラス

続きを読む