志希「出来たよ! 素直になるクスリ!」

1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/06(木) 20:41:38.30 ID:HKJfD0pvo
P「よくやった! 褒美のハンカチだ!」

志希「くれぐれも悪用しないでね~♪」クンクン

P「……もしかして自白剤みたいに廃人になるんか?」

志希「にゃーっはっは! そんな出来損ないなんて渡さないよ!
   そもそも現実の自白剤はせいぜい脳みそ麻痺させる程度だし。
   そのクスリは後遺症なし! 飲めば速攻心の内を暴露するよ!」クンクン

P「そうか、なら安心して使えるな」

志希「安心して人の心暴けると思うキミって結構オカシイよね~♪」クンクン

P「匂いフェチで俺のハンカチを嗅ぎまくってるお前に言われたくないわ」

志希「それもそうか~、にゃーっはっは!」

続きを読む